日本企業の底力を掘り起こす! 知的資産経営の実現を支援
ブログ

行政争訟

仮の権利保護

概説 本案の審理には時間がかかるから仮の権利保護が認められねばならない 取消訴訟・無効等確認訴訟 執行停止 義務付け訴訟(および不作為の違法確認訴訟) 仮の義務付け 差止訴訟 仮の差止め 公法上の当事者訴訟 民事保全法に …

その他の行政訴訟

無効等確認訴訟 概説 他の手段 争点訴訟 公法上の当事者訴訟 補充性(36条) 訴訟要件 損害を受ける恐れがある者、 確認の利益を有する者+ 現在の法律関係に関する訴えによっては目的を達成できない者 「処分・・・の効力の …

取消訴訟の判決

判決の種類 3種類 却下判決 棄却判決 認容判決 事情判決 31条1項 八鹿町土地改良事業施行認可処分取消請求事件   判決の効力 既判力 形成力 第三者効がみとめられる 訴訟参加と再審の訴えで保護する 健康保 …

取消訴訟の審理

審理の対象 取消訴訟の訴訟物 係争処分の違法性一般 自由裁量が認められている場合 裁量の逸脱濫用 取消事由の制限 自己の法律上の利益に関係のない違法事由(行訴法10条1項) 第三者の権利利益は取り上げられない 原処分主義 …

行政不服審査法

新法の目的・性格 新法の位置づけ 新法の要点 公正性向上 審理員による審理手続の導入 行政不服審査会等への諮問手続の導入 審査請求人・参加人の手続的権利の拡充 証拠書類等の謄写、処分庁への質問等 利便性向上 不服申立期間 …

取消訴訟の訴訟要件

処分性(取消訴訟の対象) 処分性の意義 「公権力の主体たる国または公共団体が行う行為のうち、その行為によって、直接国民の権利義務を形成しまたはその範囲を確定することが法律上認められているもの」 公権力の行使として 権利義 …

行政訴訟概説

行政訴訟の意義 定義  広義の行政訴訟 国賠を含む 狭義の行政訴訟 行訴法が適用される訴訟 裁判を受ける権利(憲32条) 概括主義   沿革 近代行政訴訟制度の展開 大陸法・・・公法私法二元論 フランス ドイツ …

(旧)行政不服審査法

概説 行政過程における争訟の意義 正式な争訟の要件 応答義務があること 不服があるときは訴訟的救済があること 苦情処理・・・上記要件を満たさないもの 沿革 訴願法・・・明治憲法下 国民の権利の救済より、行政の公正な運営の …

PAGETOP
Copyright © ワイガヤ行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.